skypeの欠点?

スマートフォンの通話料金を下げる方法として、Skypeを紹介しました
Skypeは料金的には、今のところ多分一番お得だとおもいますが、欠点もあります。
標準では固定電話・携帯電話からの着信ができません。また、番号表示ができないのです。

というのも、Skypeの場合もともと自分自身の番号がありません。だから着信ができないのです。
オプションで050番号を取得すれば、一般の電話からも着信可能になるのですが、少々お高いのです。スクリーンショット_2013_06_14_19_45

Skype番号は、料金表に載っていないので、さらに分かりにくいです。
月額プランを利用していると割引があるので、右の図(下の表)ような料金になります。

1ヶ月あたり500円〜270円程、かかるわけです。

私の場合、月額130円の料金プランを利用しているので、番号を取得して利用すると毎月400円必要となります。

 

プラン 定価 割引後
3ヶ月 ¥2,250 ¥1,507.5(30%OFF)
12ヶ月 ¥7,500 ¥3,250(50%OFF)

050plusはどうでしょう?

NTTコミュニケーションズのサービスである050plus(050+)は、skypeとは少々異なります。

契約すれば050番号がもらえるのですが、月額315円必ずかかってしまうのです。

通話料金は、携帯へは1分16.8円。固定電話へは3分8.4円ですので、通常の携帯電話からかけるのに比べれば安いですね。
国際電話もそこそこ安く利用できます。

でも月額315円の基本料金は、あまり使わない人には、やや無駄な出費ですね…。

フュージョン・コミュニケーションズを使ってみては?

今回は、さらにお得な電話サービスを紹介します。

フュージョン・コミュニケーションズの「IP-Phone SMART」です。
今回iOS版の専用アプリ「SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする- – Fusion Communications Corp.」が登場しましたので、これまでよりも設定が楽になりました。
(Android携帯の場合は他社の電話アプリが利用できます)

050の番号が取得できて、しかも基本料金「無料!」なのです。

通話料金は、携帯・固定・国際どれも一律30秒8.4円。
分かりやすい料金体系です。(でも固定電話への通話は割高ですね)

なんといっても、基本料無料で050番号が取得できるのは嬉しいですね。

しかも留守番電話は、音声ファイルにしてメールで送る設定ができます。これは個人的に嬉しいです。

使い分けをどうするか

では私の使い分けの方法を紹介します。環境によって多少異なるとは思いますが参考にしてください。

  • 固定電話:skypeがとにかく安いです。月額130円プランで年契約すると毎月75分話せます。1.73円/分です。
  • Softbank携帯:利用しているiPhoneがSoftbankのホワイトプランなので、無料ですね。この場合は通常の発信です。
  • 他社携帯:今回紹介した IP-Phone SMARTです。050での通知になりますが、8.4円/30秒です。
  • SkypeユーザにはSkypeで無料通話。LINEユーザにはLINEで無料通話。TwitterユーザにはOn Sayで無料通話。

と相手に応じて使い分けをすることで、限りなく通話にかかるコストを削減しています。

まだまだ、他にもいろいろなサービスが有るのですが、通常の電話にかけられるものということで、今回基本料金不要のサービスを紹介しました。
ぜひ、050から始まる番号をもう一つ取得してみてください。

そうそう、私の050の番号通知が来たら、不審な電話ではないので切らないでくださいね〜www