Refurbishedと書きます

日本語で言うと、整備済製品とか新装整備品とも言いますが、まとめてアウトレットと言ったりもしています。

簡単に言うと、新品もしくは、完全に修理して新品と同等な状態に整備したものを指します。
メーカーによって呼び方が違っていたり、分類がない場合もありますが、基本的にはメーカー保証が付いてきます。

詳細な説明などは、「メーカー再生品って何?買っても大丈夫?」というLifeHackerの記事を参考にしてもらうと良いです。つい先日の記事ですが、分かりやすくまとめられています。

再生品と聞くと、中古?というイメージを持つ方もいらっしゃいますが、初期不良であった場合、その不良箇所の部品をゴソッと交換してしまったものは、中古と言えるのか?っていうレベルの話です。

メーカーが提供しているリファービッシュな製品は、綺麗にクリーニングもチェックも行われていますので、新品との差は限りなくゼロに近い状態です。

しかも、微妙に価格が…。いやかなり価格が安くなっていたりします。
本当は手間がかかっているので、安くなくても良いような気もするのですが…。

どこで手に入るの?

refurbishedじゃ、どこで買えるのか?ってよく聞かれるのですが、基本的には各メーカーのオンラインショップで扱っています。
これ以外の場合は、注意が必要です。

ショップが修理したものを再生品として販売している(まさに中古品)ケースがあるからです。
メーカーの保証もありません。

有名ドコロをいくつか紹介しておきます。

もちろん、紹介したメーカー以外でも、たくさんありますので、これから新年度で新しく家電やPCなどを買いたいなぁという方は、一度眺めておくと良いかもしれませんよ。

欲しいものが、たまたまあれば格安で購入できるチャンスです。

といって、あちこち見ていると、ついつい欲しくなっちゃうので危険です〜。