撮影は…

以前は、大きく重いビデオカメラで撮影なんてことも、今では小さく軽いカメラになりました。
テープやDVDに記録していたものも、SDカードや、カメラ内のメモリに記録するようになりました。

おかげでビデオカメラを持ち歩いて、撮影してもバッテリーの持ちはいいし、長時間撮影してもテープ切れなんてこともなくなりました。
しかも、スマートフォンの普及で、もっと手軽にビデオ撮影ができるようになってきました。

PCに撮影データを取り込んで、切り貼りして1つの作品を仕上げるなんてことも、一昔前ではびっくりするほど高価なPCと周辺機材を揃え、高価なソフトを揃える必要があって、少々敷居の高い作業でした。

これも今や手軽にできるようになり、しかも出来栄えも素晴らしい!!?

配布するには…

せっかく作成した作品も、自分で見るだけでは少々物足りない。
家族に見せるのはもちろん、一緒に写っている友人や、その家族にも見て欲しいという欲求はごく自然です。

そこで、用意するのはDVD-Rです。
作った動画をDVDに焼いて、配ろうと…。

「苦労して時間をかけて、作り上げたDVDが再生できない!!なぜ?」

と前置きが少々長くなりましたが、こんなケースがなぜ起きるのか、どうすれば良いのかを解決していきましょう。

DVDに関する知識

まずDVDと呼ばれているものには、いくつかの種類が有ります。

名称 機能
ROM 読み出し専用。レンタルDVDや付録など
RAM 読み出し/書き込みが数万回可能。専用ケース入りのものもある。
R 1度だけ書き込めるタイプ。
RW  1000回程度書き込みができるタイプ。基本的にはRと同じように利用する。

さらに、DVD+RとDVD-R、DVD+RWとDVD-RWのように、それぞれ2種類の方式が有るのです。(+-に注目)

おまけに、「データ用」と「録画用」なんてのも…。

最近では2層式のもの出始めているので、もう何を買ったらいいのか分からない!という声をよく聞きます。

一体何を用意すれば良いのでしょうか?

選び方

目的に応じて、選ぶのですが、最低限これというものを紹介しておきます。

地デジなどのテレビを録画するなら、録画用(CPRM対応)と書かれたDVD-R(4.7GB)が良いです。
PCで編集した動画を記録するなら、データ用DVD-R(4.7GB・録画用でもOK)です。

DVD-Rがもっとも多くの様々な機器に対応していて、再生できないことは稀です。
また、PC側の機器も対応しているものが殆どですので、新たに機材を用意する必要がありません。

できれば、DVD-RWを1枚用意しておくと良いですね。(Rに比べるとちょっと高いです)
試しに焼いて、うまく見えるか、正しく動作するかどうかを確認するのに便利です。
失敗してもフォーマットしてやり直しができるので、無駄なディスクを使わなくてもいいですし、ドキドキしながら失敗を恐れなくてもよいのです。
うまく行ったら、同じやり方でDVD-Rを作成すれば良いのですから。

2層式は、記録できる量は大きいのですが、機器が対応していないことも多く、メディアも割高ですので選択する理由はありません。

あと、よく間違えるものにBlue-ray Diskがあります。サイズはDVDと同じなのですが、高密度に記録するためDVDの数倍のデータを記録することができます。

ただ、Blue-ray対応の再生機を持っていないと、全く見ることができないので、知人・友人に配布しても…。
なので、個人的に使用するのは問題ないですが、そうでなければ選択してはいけません。

今回は、まずどんな種類のDVDを用意すればよいかを紹介しました。
引き続き、次回は焼き方について説明したいと思います。