焼いてみる

正しくメディアを選択したら、次は実際の焼きこみ作業です。

色々なソフトがあるので、具体的なやり方はソフトの説明書にお任せしますが、OS標準で付いている書き込みソフトを使った場合、失敗することも多いのです。

DVD-Videoを作成できるライティングソフトを用意して下さい。

失敗例

fail

普通に焼いて、出来上がったDiskを開いてみると、図のようにファイルやフォルダが見えます。

動画や写真を入れた時の、そのままのファイル名が見えています。

この状態は、PCであれば動画を再生したり、写真を見たりすることはソフトが入っていれば可能です。
でも、通常のDVDプレーヤーでは再生できません。

これは、Diskへの書込みがDATAディスクとして設定しているからです。

あくまでも、PC用の記録メディアとして利用してしまったのです。

DVDプレーヤーは、コンピュータ機器ではありません。あくまでも家電です。この業界での標準的なフォーマットというものが規定されていますので、それに合わせた形式で記録しないといけないのです。

成功例

success今度は、上手く書込みの出来たDiskの中身をPCで確認してみます。

通常は、図のような2つのフォルダが見えるはずです。
AUDIO_TSとVIDEO_TSです。

この状態で作成されたDiskは、PCに挿入すると自動的にDVD再生ソフトが起動して、動画が再生されるはずです。(自動起動がONの場合)

逆に、これらのフォルダの中身を見ても、何のデータなのかPCでは確認ができない状態です。

これが、DVD-Videoモード(DVDプレーヤーで再生できる形式)で、作成された状態です。

物理的な書込みに失敗していなければ、このように表示されるDiskは再生が可能なはずです。

注意点

PCでDVDを作成する場合に、先に書いた「物理的な書込みの失敗」と言うケースが有ります。

DVD-Rの書込みの仕組みは、レーザーを使ってDiskを焼くこと(温度により化学変化させること)でデータを記録していきます。

例えば、古い機器を使用した場合、レーザーの出力が弱くなっている場合があります。
この機器でDiskを高速で回転させて書き込むと、温度が適切に上がらず、正しく書き込めないことが有ります。
でも、遅い速度で書き込めば、上手く書けたりする場合が有ります。

古いPCの場合、データの転送が間に合わず、書込みに失敗する場合があります。
焼いている最中に、他の作業を行ったり、常駐ソフトが多い場合に失敗するケースが有ります。
最近の機器は、データが揃ったらレーザーを出力するような仕組みが用意されているので、このような失敗は起こりにくいのですが、古いPC、低スペックなPCや古いドライブを利用した場合に起こりがちです。

それ以外に、多いのはDiskの表面を、指紋等で汚してしまった場合です。
Diskの取り出し、セットは十分注意をして扱って下さい。

これらのハードルを乗り越えれば、まず失敗しないはずです。

自分で作成した動画作品を、どんどん配ってください!!

綺麗にできたら、ぜひ見せてくださいね〜。