iPhoneを利用している方に

いまやスマートフォンと言えば、iPhoneかAndroidの2強時代になっています。
すでにAppleをお使いの方も多いことでしょう。

8月末に気になる情報が流れていましたので紹介しておきます。iphone5

該当するのは、iPhone5をお使いの方です。5sや5c、4や4sの人には特に関係しません。

バッテリーの不具合

Appleは調査の結果、「iPhone 5のごく一部に、バッテリ駆動時間が急に短くなったり、より頻繁に充電が必要になったりするものがある」との結論に至った。

Appleによると、対象となるのは2012年9月から2013年1月の間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にあるiPhone 5だという。

バッテリ交換手続きは、米国と中国で2014年8月22日から、その他の国では2014年8月29日から開始される。

CNET Japanより http://japan.cnet.com/news/service/35052776/

日本は、8月29日から交換手続きが始まっていますので、該当しているかどうかを、Appleのページでシリアル番号で確認の上、手続きして下さい。

どんな状態なのか?

身近にiPhone5を使っている人で、こんな例がありました。

  • フル充電して100%残量だったのに、ほんの1時間ほどで50~60%まで減ってしまう。
  • 40%台で突然電源が切れてしまう。起動しても40%〜50%あるが、またすぐに切れてしまう。

この「iPhone 5 バッテリー交換プログラム」が開始されていなければ、通常の修理代がかかってしまうのですから、まあありがたい話です。(これってリコールですよね…)

気付かずに、Apple以外の修理業者に持ち込めば、当然有料修理となってしまうので、注意が必要です。

スマートフォンって電話というイメージかもしれませんが、実際には小さなコンピュータなのです。様々な機器により構成されているので、中にはこういった事も起こりうるわけです。

注意点!!

買った国での交換手続きになりますので、海外で購入した場合は、日本で修理が受けられないことが有ります…。